あがり症の人のスピーチ上達方

僕自身があがり症でしたので、僕のスピーチ上達法をご紹介しましょう。結構地味な方法ですけどね。まずは、しっかりとした準備です。スピーチの原稿をあらかじめしっかりと作りこむこと。そして実際に、声に出して読んでみること。シンプルですが、意外と声に出してみる人は少ないのではないでしょうか?でもこれがスピーチ上達法になるのです。声に出して読んでみると、読みにくい場所や言い回しが難しい箇所、言い回しが不自然な点などを先にチェックすることが出来、スピーチしやすいように原稿を修正することも出来ます。そして確認したと言う事実が安心につながり、あがり症の症状を少しだけ抑えることが出来ます。


次に、力技ですがスピーチ原稿を覚えてしまうこと。これは逆に神経質にならない程度にすることが大切。忘れても原稿を読むことが出来るので。これも原稿を覚えていると言う安心感があがり症を抑えてくれます。また当日原稿を読むときに、あがってしまって原稿を見る余裕が無いのも解消されるので、当日落ち着いてスピーチが可能になります。また覚えるほど原稿を読むのは間合いをつかむのに役立ち、スピーチも上達しているはずですから。


これで一度成功することが出来れば、自分に自信を持つことが出来ます。繰り返すことによって自信は心に余裕を持たせます。それからメンタル的に成長することであがり症を克服して行き、スピーチも回数をこなすたびに上達していくことでしょう。